もっと大きく

応募作品の中から優れた作品を選び、表彰する企画です。
”展示大賞”企画へ応募した数ある学生の企画のうち、10企画がゲスト審査員によって事前に選出されました。その中から最も優秀な作品が芸術祭3日目の公開公表会にて決定いたします。

<展示会場>
5A号館 202教室、203教室

<投票場所>
5A号館前 受付

<投票の仕方>
対象となっている作品を実際に見て、興味を惹かれた作品のエントリーナンバーを、投票用紙に記入し、5A号館前“展示大賞受付”に設置している投票箱に投函してください。みなさまからの票は、展示大賞企画「公開講評会」にて、優れた作品に与えられる各賞のうちの「来場者賞」に反映されます。皆様の清き一票お待ちしています。
☆投票を行うとクジが引けます。ハズレなし、豪華景品が当たる可能性も…!!
展示大賞の結果発表に関しては、3日目に行われる公開講評会にて発表します。

結果発表

最優秀賞…永井一史さんから与えられました。
エントリーNo.6
油絵学科油絵専攻 大学院1年
影山萌子(かげやま もえこ)さん「都市計画」

 

最優秀賞…千住博さんから与えられました。
エントリーNo.3
彫刻学科 4年
大川原 暢人(おおかわはら のぶと)さん「チューニング・ガム」

 

特別審査員賞…長澤忠徳学長から与えられました。
エントリーNo.8
油絵学科油絵専攻3年
鈴木(すずき)フィオナ知子(ともこ)さん「色に変わって」

 

来場者賞…来場者の投票で決まりました。
エントリーNo.1
視覚伝達デザイン学科2年
岩﨑伶奈(いわさき れな)さん「パンでパンパン展」

来場者の総投票数 403票
1日目 81票
2日目 308票
3日目 24票
来場者賞をとった岩﨑さんは98票です。

ゲスト審査員紹介

永井一史
アートディレクター/クリエイティブディレクター
株式会社HAKUHODO DESIGN代表取締役社長多摩美術大学教授
1985年多摩美術大学美術学部卒業後、博報堂に入社。2003年、デザインによるブランディングの会社HAKUHODO DESIGNを設立。様々な企業・商品や行政施策のブランディング、VIデザイン、プロジェクトデザインを手掛けている。医療・ヘルスケアや地方創生などソーシャル領域での活動も多い。2015年から東京都「東京ブランド」クリエイティブディレクター、グッドデザイン賞審査委員長を務める。クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ADC賞グランプリ、毎日デザイン賞など国内外受賞歴多数。
著書・共著書に『幸せに向かうデザイン』、『エネルギー問題に効くデザイン』、『経営はデザインそのものである』、『博報堂デザインのブランディング』など 

サントリー「伊右衛門」デザインの力で、日本の古き良き生活文化を現代に取り戻す

東京下町の繊維産業を復活させる「IKIJI」

千住博
画家
2007年から2013年まで京都造形芸術大学学長。現在は同大教授。
1958年東京都生まれ。1987年東京藝術大学大学院博士課程単位取得満期退学。1995年第46回ヴェネツィアビエンナーレ(イタリア)にて名誉賞受賞。2003年「大徳寺聚光院の襖絵」展(東京国立博物館)。2005年ミラノサローネ(イタリア)。2006年第6回光州ビエンナーレ(韓国)。2010年瀬戸内国際芸術祭。2011年軽井沢千住博美術館開館。第5回成都ビエンナーレ(中国)。2015年第56回ヴェネツィアビエンナーレ。薬師寺「平成の至宝」に選出され、収蔵。2016年外務大臣表彰受賞。2017年第4回イサム・ノグチ賞受賞。
絵画制作にとどまらず、文筆活動や教育、舞台美術にも携わる。

1.「千住博 青の世界 —東山魁夷からの響き—」展 香川県立東山魁夷せとうち美術館(2010)撮影:Nacasa & Partners Inc.

2.「水神」 第56回ヴィネツィアビエンナーレ(2015)撮影:Nacasa & Partners Inc.

3.薬師寺 千住博展 ー色彩 時空を超えてー(2016)撮影:Nacasa & Partners Inc.

4.「ウォーターシュライン」 羽田空港国際線ターミナル 撮影:Nacasa & Partners Inc.

特別審査員

武蔵野美術大学学長
長澤忠徳
1953年富山県生まれ。1978年本学造形学部基礎デザイン学科卒業後、渡英。1981年Royal College of Art(英国)修士課程を修了。帰国後、長澤忠徳事務所を開設。1999年本学造形学部デザイン情報学科教授に就任後、国際部長、学長補佐、企画部長、評議員等を歴任し、現在に至る。2016年Royal College of Artより、美術・デザイン教育の国際化を先駆的に推進した功績が認められ、日本人初のシニアフェローの称号を授与。専門分野はデザインプロデュース、デザイン評論、デザイン教育、デザイン戦略等で地域活性化やまちづくりなどのプロデュースも手掛けている。
主な著書は「インタンジブル・イラ」(サイマル出版)、「新版現代デザイン辞典」(平凡社)、「広報紙面デザイン技法講座」(日本広報協会)等。

ご案内・諸注意