PAGE TOP

ムサビ生の多岐にわたる個性あふれる作品の数々をお楽しみいただけます。

もっと大きく

展示大賞結果発表!
ゲストの方それぞれに1作品ずつ選んでいただいた賞です!

永戸鉄也賞

No.10 早川佳歩 早川佳歩展


majocco賞

No.23 岡田ありさ ザ・シーペア シアター


山岸聖太賞

No.24 辻敬太 studio KABA


来場者に投票してもらって人気だったトップ3企画です!

来場者賞

総得票数 3103票
1位 364票 No.17 圓井俊太郎 蟲獣
2位 250票 No.7 先野ひかり トラウマ展
3位 237票 No.20 荒木睦子 すいーつわあるど

展示会場
12号館 地下1階展示室

応募作品の中から優れた作品を選び、表彰する企画です。 ファイン・デザイン・映像の3部門で作品を事前に募集し、12号館地下1階展示室に展示しています。 その中から優秀賞・特別審査員賞・来場者賞の3種類の賞を、芸術祭3日目の公開講評会にて発表します。



投票場所
12号館 地下1階展示室前 受付

投票の仕方
対象の作品を実際に見て興味を惹かれた作品のエントリーナンバーを投票用紙に記入し、12号館地下1階の”展示大賞受付”に設置されている投票箱に投函してください。対象の作品は、展示大賞リーフレット、または12号館下展示室前の展示大賞受付でご確認ください。 皆様からの票は、公開講評会にて優れた作品に贈られる各賞のうちの「来場者賞」に反映されます。皆様の清き一票をお待ちしています。 ☆投票をするとクジが引けます!ハズレなし、豪華景品が当たる可能性も…!!


日時 13:00 - 16:30 (途中10分休憩あり)

会場  
12号館下展示室

ゲスト 
永戸鉄也(アートディレクター、グラフィックデザイナー)
majocco(イラストレーター)       
山岸聖太(映像ディレクター)

全作品のうち、優秀な作品をゲスト審査員の方々にツアー形式で講評していただきます。 講評会の最後には、ゲスト審査員と特別審査員より受賞作品の結果発表、及び各賞の授与式が行われます。本企画は入場無料、途中退出自由となっております。

<展示大賞公開講評会の変更点について> 10/28更新
本日、13:00から12号館地下1階B101展示室で開催する展示大賞公開講評会に参加される予定であった武蔵野美術大学学長 長澤忠徳欠席することになりました。当日のお知らせになってしまい誠に申し訳ございません。

永戸鉄也
アートディレクター/グラフィックデザイナー

1970年東京都生まれ。 音楽、ファッション、アートの領域で活躍。2011, 2012, 2014, 2017年にNike × Undercover“GYAKUSOU”の ワールドキャンペーンビジュアルを、2012年にはUNIQLO×UNDERCOVERのコラボレーションコレクション“UU ”のキャンペーンビジュアルを手がける。2009年よりロックバンドRADWIMPSのジャケットやMV、ドキュメンタリー映画などを手がける。第6回文化庁メディア芸術祭デジタルアート優秀賞、トーキョーワンダーウォール公募2003・ワンダーウォール賞を受賞。

ウェブサイト→ http://irutokyo.com

(左)RADWIMPS「人間開花」ジャケット
(中央)RADWIMPS「アルトコロニーの定理」ジャケット
(右)雑誌「Rolling Stone」

majocco
イラストレーター

1991年生まれ 宮城県出身/東京在住。 多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。 広告・アーティスト、ブランドとのコラボレーションを中心に活動。女性や植物、街をモチーフにした作品を主に制作。漫画作品、アーティストへの歌詞提供、広告のディレクションなども行う。サッポロビール「ウメカク」キャンペーンイラスト、東京女子流(avex)のCDジャケット、広告制作やテレビ朝日の特番美術セット・マルチイラスト制作など。2014年朝日広告賞梶祐輔記念賞受賞。AERA dot で連載中の「丸山ゴンザレスの超危険地帯英会話」にて漫画制作。

ウェブサイト→ http://majocco.info

(左)フレフレ2020(角川)動画コンテストテーマイラスト
(中央)大森靖子×ヴィレッジヴァンガードコラボTシャツ
(右)サッポロビール「ウメカク」キャンペーンイラスト

山岸聖太
映像ディレクター

1978年生まれ。映像ディレクターとしてミュージックビデオ、テレビドラマ、cmなどを手掛ける。これまでにKANA-BOON、乃木坂46、ユニコーンなど多数のMVを制作、その他にも星野源の映像作品にも多数携わっている。ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015にて短編作品「生きてゆく完全版」がシネマチックアワードを受賞。その後、映画「あさはんのゆげ」(2016)、「傷だらけの悪魔」(2017)などを監督。

ウェブサイト→  www.koe-inc.com/santa-yamagishi

(左)KANA-BOON「ないものねだり」
(中央)乃木坂46「逃げ水」
(右)ドラマスペシャル「忘却のサチコ」(2018)

武蔵野美術大学学長
長澤忠徳

1953年富山県生まれ。1978年本学造形学部基礎デザイン学科卒業後、渡英。1981年Royal College of Art(英国)修士課程を修了。帰国後、長澤忠徳事務所を開設。1999年本学造形学部デザイン情報学科教授に就任後、国際部長、学長補佐、企画部長、評議員等を歴任し、現在に至る。2016年Royal College of Artより、美術・デザイン教育の国際化を先駆的に推進した功績が認められ、日本人初のシニアフェローの称号を授与。専門分野はデザインプロデュース、デザイン評論、デザイン教育、デザイン戦略等で地域活性化やまちづくりなどのプロデュースも手掛けている。 主な著書は「インタンジブル・イラ」(サイマル出版)、「新版現代デザイン辞典」(平凡社)、「広報紙面デザイン技法講座」(日本広報協会)等。

随時更新中!


※飲酒をされる方は必ずお読みください。

◯飲酒をするためには、一丁目入り口にて発行された「飲酒パス」が必要です。


◯飲酒パスは 1 日に 1 度のみ発行しております。
また、酒類の購入はお一人様5杯までです。

◯飲酒可能エリアは一丁目エリア・鷹の台ホールエリアの二つです。

外部から構内への酒類持ち込み又は、飲酒可能エリア外への酒類持ち出しは厳禁です。
なお、外部からの酒類持ち込みが発覚した場合、その場で没収いたします。
一丁目、タカホエリアを出る際は、飲料の 入ったカップを持ち出すことは出来ません。

◯飲酒パスを持っていても無作為に年齢確認を行います。
ご協力お願いします!

◯喫煙は指定の喫煙所でお願いします。詳しい場所は地図をご覧ください。

◯体調が悪くなった場合はメインインフォメーション横の看護本部へ速やかにお越しください。

◯緊急連絡先:042-342-6479(芸術祭実行委員会本部) ※有事の際、独断で 110 番、119 番通報は しないでください。